スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
パチスロ教室1:基礎編
2006 / 05 / 17 ( Wed )
今日も雨
雨、雨、雨
うがーーーーーーーーーー


|*゚Д゚|┛< ヤア
今朝までの空模様は確かに怪しかったけど、雨は降らないだろう
そういう予想の元に傘を持っていかずに学校行ったんだけれども
やはり雨(。-`ω´-)ンー…


しょうがないので、友達ととともに
学校の近くにあるスロット屋に入る。
そこには無料傘がおいてあるの(。・ω-)(-ω・。)ネー

んじゃいざ帰ろうとしたところ、友達が「傘だけもらって帰るのはあれだから、千円だけ打っていく」と…

んじゃ、それまでおいらも横で見てるよ~と、スロットを始めたのでした。
千円つったら1,2分で終わるしねw
ところが…ぼこぼこと熱い演出の繰り返し…
んなわけで彼はいつの間にか1万5千円ほどつぎ込んでましたとさ..._〆(゚▽゚*)


そこでスロットをやってみたいというそこのあなた(。-`ω´-)y─┛~~
少しだけスロットに関する知識をここで書きます(。-`ω´-)y─┛~~


キャンペラのパチスロ教室*その壱*スロットの基礎*

スロット:パチスロ

まずスロットというものは、ビッグボーナスレギュラーボーナス
に別れてるものが多い。
中にはスーバービッグ、ツインビッグなどを搭載して、レギュラーボーナスなしのもの。またはレギュラーボーナスの連荘で成り立つものもあります。

ビッグボーナス:30回の子役ゲームを消化する、もしくは子役ゲーム中に当選したボーナスゲームを3回消化したら終了。(Aタイプ:後に説明)

レギュラーボーナスビッグボーナスの説明で挙げた、ボーナスゲームに当たるものが一回。それを消化したら終了


子役ゲーム子役ゲーム中は、子役がぼろぼろ当たります。コイン3枚掛けで、8枚払い戻し(5枚の獲得)の子役など、地道に増えるものから、大量獲得機と呼ばれる機種では、コイン3枚掛けで15枚の払い戻し(12枚の獲得)など、機種によっても違います。


ボーナスゲーム:1枚掛けで、15枚払い戻しされる。14枚の獲得となる。このボーナスゲームは、8回転でボーナスゲーム1回という構成。
つまり14枚獲得×8ゲーム=112枚の純利益がボーナスゲーム1回で出るのです。子役ゲーム中に、リプレイ(再遊戯の子役)に当選することで、ボーナスゲームに移行する形が多い。


ここまでがビッグボーナスレギュラーボーナスについての説明です(。-`ω´-)y─┛~~

そうそう、レギュラーボーナスは通称「ばけ」と呼ばれます(。-`ω´-)y─┛~~


でゎ次に、スロットの分類をしてみましょう(*゚∀゚*)
スロットは大きく分けて、A,B,Cの三つのタイプがあります。


Aタイプ:上で説明したように、30回の子役ゲーム、または3回のボーナスゲームを消化して終了。(例:花火シリーズ、吉宗、等ほとんどのスロットがこれ


Bタイプ:30回の子役ゲーム、または2回のボーナスゲームを消化して終了。(例:巨人の星

Cタイプ:それ以外(例:北斗の拳、キングキャメル等


このように分かれてます(。-`ω´-)y─┛~~
スロットの筐体にA,B,Cいずれかの表記があるので、区別はそこでつくかと思います(。-`ω´-)y─┛~~


でゎさらに細かく見てみましょう(。-`ω´-)

スロットには大きく分けて3種類のタイプがある。
その3種類の中に、さらにシステムで分かれてるのです

通常:レバーを叩いた瞬間に、毎回ボーナス抽選、子役抽選がなされる。単純にそのボーナス出現確率を期待して、回す感じ。今はあまりみないシステム。


ストック:簡単に説明すると、抽選されたボーナスは一時倉庫にしまわれます。倉庫にボーナスがたまっていく感じかな。んでそのたまったボーナスを得るためには、機種ごとに異なったボーナス放出契機があります。例えば、決められたゲーム数を消化するだとか。(←次回詳しく説明)ある特定子役からボーナス放出させるとか。そういった形です。
連荘性が高い。最近の機種はほとんどこの種類といってもいいでしょう。


AT:ビッグボーナス、レギュラーボーナスとは別に、アシストタイム(機種ごとによって名称が変わるけれども、大まかにはこう呼ばれる)
という、決まったゲーム数でコインを増やすことの出来るシステムです。大体は押し順ナビというものが画面上に発生して、そのナビどおりにボタンを押していけば子役を得ることが出来るといったものです。
ATは長く続くものでしたらビッグボーナスとは比較にならないほど大量に獲得できるケースもあります。また、連荘性も高い。
3、4年前まではよく見たけれども、最近では規制も厳しくなり、ほとんど見ることがなくなりました。


このようなシステムをとっております(。-`ω´-)y─┛~~
ただ、ストックとATの複合だとか、↑のパターンで様々な複合されたシステムをとったりもしてます。


こんな感じで基礎というかスロットの大体の仕組みの説明をしてきました。


この説明の中でわからないことがありましたらコメントにお願いします(。-`ω´-)y─┛~~
次回については何を説明するのか考えてないけどまたやるつもりですのでヨロ(´・ω・)(´_ _)シク♪
スポンサーサイト
22 : 04 : 01 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パチスロ教室2 | ホーム | the things which you need to aim>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyanberajanaiyo.blog34.fc2.com/tb.php/73-cffa3de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。